松陰神社へ参拝したり、ゆっくりとお風呂に浸かる時間を楽しんだ一日(2020.11.29日記)

2020年11月29日の日記。

今日は天気は曇り。冬の休日。

本日は遠出の外出を決意していた為、早めに起きて支度をして出発。

今日はこんな一日

山口県萩市 松陰神社へ参拝する

今日は山口県萩市の松陰神社を参拝した。

日本の武士(長州藩士)であり、思想家であり、教育者である吉田松陰。

私が尊敬している歴史上の人物の一人だ。

吉田松陰に関する書籍も複数所有しており、本棚からたまに手に取り、読書をする。

自分の生き方にもがいたり、壁にぶち当たったとき、吉田松陰の本を手に取り読んで、心救われた経験が幾度もある。

付箋をはり、線を引き、気づきを得た分、また前進した。

松陰神社の境内には、幕末~明治期の日本を主導した人材を多く輩出したことで知られる「松下村塾」が存在する。

あの場所へ行くと、不思議とエネルギーが湧いてくるのだ。

門下生たちが学び、日本の将来を憂い、そして行動を起こして日本を支える存在として活躍して一生を遂げていった。

そう思うと、今の自分がいかに恵まれた存在であることかも改めて実感できるし、精神的な励みにもなる。

今回の参拝が三回目の参拝だったが、来るたびにエネルギーが湧いてくるから不思議なものだ。

また吉田松陰の本を再読しようと、本棚を眺めた。

帰宅後はゆっくりと風呂に浸かる

帰宅後はゆっくりと風呂に浸かる。

普段はシャワーで済ませることが多いが、今日は長時間の運転もあった為、体の疲れを取る為、湯船にお湯を張った。

ゆっくりと肩まで使って、疲れを癒す。

思い起こせば、色々とあった。

転々とし、様々な土地を訪れたり、さまざまな人と出会い、何もかもが上手くいっている時期もあれば、うつの発症もあったり。

いい面もあれば、悪い面もある。

人生にはやはり波がある。

今の自分は、「這い上がり」の時期だ。

きっとこの時期も必要な時期なのだろう。

 

吉田松陰の言葉が身に染みる。

一時の屈は万世の伸なり、庸詎(いずくん)ぞ傷まん。

「一時的な挫折は将来に成長するための源である。挫折など気にする必要はない。」

 

今日のブログ

山口県 萩市 松陰神社参拝レポート~松下村塾からエネルギーをもらう旅

今日のトレーニング

・肩のトレーニング:フロントレイズ、サイドレイズ

・ウォーキング:おやすみ

今日の食事

朝:白ご飯、納豆、卵

昼:マクドナルド

夜:焼き豚、ニラ玉、白ご飯、お味噌汁

体重等

体重:59.9kg

BMI:22.8

体脂肪率:19.1%

筋肉量:46.0kg

内臓脂肪:8.0レベル

基礎代謝:1336Kcal/日

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP