ウォーキングを始めてから一か月ほどたって思ったこと

ウォーキングを始めて一か月ほどたって思ったこと

ウォーキングを日常の生活に取り入れてから、約1か月。

習慣とは面白いもので、最近はウォーキングが生活の一部となり、悪天候や諸事情でウォーキングをしないと、少し気持ちが悪くなってきたくらいだ。

私は今まで、筋トレ以外に屋外へ出て定期的に体を動かすということを実施したことがなかった。

最初はトレーニングウェアで公道に出ることに抵抗があったが、そんなの誰も気にしていないというのも最近はわかってきた。

人の目線ばかりを気にしていると、何一つ実行に移せなくなる。

 

実際に習慣にして気づいたのが、他のジョギングやウォーキングをしている人がやたら視界に入るようになったことだ。

「お!この人はなかなかイケてるウエアを着ているな!」

「あ、昨日もいましたね、今日も頑張りましょう」

…と、心の中でそう思える「同志」?(笑) のような人がやたら目につく。

おそらく、今までも街中でジョギングやウォーキングをしている人とは、数千回、下手したら一万回以上はすれ違ってきているだろうが、あまり気には止めていなかった。

しかし、今はそのようなウエアで街を走ったり歩いたりしている人を見ると、老若男女問わず「同志」という目で見えてしまうから、面白いものだ。笑

近所の大きい公園のウォーキングコースを周遊するのだが、本当に色々なキャラクターのランナー、ウォーカーと出会える。

ものすごいフォームで太ももを上げながら走るお兄さん、手を振らずにチョコチョコと走るのだがものすごく俊足の小柄のおばさん、等々。

やはり何事も始めてみるものだ。始めたからこそ、見える光景がある。

 

ちなみに、意識してウォーキングをするようにしてからは順調に脚力がついてきたことを実感。少し前までは車慣れし、足の筋肉が完全に衰えていた為、少し歩いただけでもバテ気味だった。

元々は鬱への対策として始めた筋トレとウォーキングだが、習慣化することで自分自身の肉体の変化が表れてきた。

体つきは以前と比べると逞しくなってきたし、ウォーキングすることで気持ちも前向きになってきた。

それにしても、歩きながらだと色々なアイデアが湧いてくるのはなぜだろう。

スマホに色々とメモをするようにしているが、机でパソコンを前にして「ウーン、ウーン」と考え込んでいるよりかは遥かに効率がいい。

これからはアイデアが出ないときは、積極的にウォーキングをして、考え事をしようかなと思っている。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP