これからデジタル一眼レフを始める初心者必読「マンガでわかる!写真の撮り方教室」(書評)

デジタル一眼レフカメラを始めたい。

けれど、何から調べたらいいかわからない。

そんな方へオススメするのが、

「マンガでわかる!写真の撮り方教室」河野鉄平 著 だ。

さっそくご紹介しよう。

「マンガでわかる!写真の撮り方教室」

私の場合、デジタル一眼レフカメラを始めたときは、周りにカメラを趣味にしている人がおらず、誰かから教えてもらえる状況ではなかった。

ネットに出回っている情報を見ても、いまいちピンとこない。(そもそも、カメラを知っている人前提に書かれている記事が多い為。)

・どのカメラを選んでいいのかすらわからない。

・どのようにして撮ればいいのかわからない。

・けど、カメラ教室に通う時間すらない。

そんな「無い無い」づくしの私を救ってくれたのが、今回ご紹介する本著である。

初心者が知りたいモヤモヤを一挙に解決

本著では下記のようなモヤモヤを一気に解決してくれる。

・そもそも一眼レフカメラの特徴とはなんだろう?

・「どのカメラ」を購入したら良いか?

・写真の撮り方がわからない。

・とにかく知識ゼロの状態で困っている。

これらの悩みに全て解決してくれるのだ。

ちなみに私の場合、カメラの「持ち方、構え方」からわかっていないほどの初心者だった。

そんな悩みすらも、本書ではやさしく解説してある。

 

マンガ形式でわかりやすいのが◎

ここの本の良さはとにかく「わかりやすい」の一言につきる。

マンガの主人公の女の子「ひかりちゃん」は、当初の私と全く同じ状況でカメラの「カ」の字すら知らない女の子だ。

最初はレンズキャップをつけたままでファインダーを覗き、「何も見えない」というシーンから始まるくらいの素人ぶりである。笑

そんな「ひかりちゃん」がカメラに詳しい先輩、カメラ教室の先生、教室で出会ったカメラ仲間と共に成長していくというストーリー。

もちろん、マンガだけでなく各章ポイントごとにテクニックや詳しい用語解説のページも含まれているので、非常にわかりやすい。

専門用語から、基本的なテクニックに至るまで、初心者が網羅しておくべき点は正直この一冊で十分学べる。

例えば…

▲キレイな桜に焦点を合わせて撮影したり。

▲小川を流し撮りで撮影したり。

これらはほんの一例だが、このような撮影がすぐに出来るようになる。

うっとりするような美しい夜景や、流れる車を撮影したりなど、芸術的な描写はスマホのカメラではなかなか出来ないが、一眼レフカメラを使えば撮影することが可能だ。

 

まとめ

私も書店でさまざまな本を見てみたが、「撮影テクニック」だけ紹介されているものが多く、本書のように「全くの素人に、親切に1から教える」という本はなかなか存在しなかったのだ。

この本に出会えたことで、カメラがとても好きになり、そして旅をすることがさらに楽しくなった。

これから一眼レフカメラを始めたい!けど何から始めたらいいのかわからない!そんなお悩みをお持ちの方へオススメの一冊だ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP