【ブログ初心者必見】ブログで収益化するための広告と種類

「ブログで収益化」という言葉をよく聞くと思います。

そうはいっても、実際に「どのようにして収益化しているのだろう?」と思ったことはありませんか?

では、ブログでお金を稼ぐとはどのようなことでしょうか?

 

ブログでお金を稼ぐということに関して、様々な方法があります。

その中でも最もメジャーな稼ぎ方として知られているのは、やはり広告収入」です。

 そこで今回は、ブログで収益化するための広告と、その種類について紹介致します。

まずは広告の種類を知ろう

「広告収入」と 一重に言えど、その種類や報酬体系は様々です。

まず、広告ですがザックリと仕分けをすると、「成果報酬型」クリック課金型」との2種類があります。

それぞれの違いをこれからご説明します。

 

成果報酬型の広告

「アフィリエイト」のことです。一度は聞いたことがありますよね?

ウェブサイトやブログ運営者が商品やサービスを紹介して、その商品が売れた、もしくはそのサービスが申し込まれた際に一定額の成果報酬を支払うという仕組みです。

アフィリエイトには、下記の4者が関わってきます。

・媒体運営者(ウェブサイト、ブログなど)

・商品やサービスを提供する広告主

・広告主と媒体運営者をつなぐアフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)

・読者

広告主は商品が売れた後に、広告費が発生するので無駄な広告コストを掛けなくてもいいというメリットがあります。

(多大な広告費を掛けたにも関わらず、まったく商品が売れなかったとなれば・・、広告主からしたら多額の損失です。)

 

一方、ウェブサイトの運営者は自分が気に入った商品をブログで紹介し、その商品がブログを通して売れることで、ウェブサイトの運営者は指定額の報酬として紹介料をいただくというもの。

しかも、ウェブサイト運営者は在庫の心配もありません。

商売をするにあたって、在庫を持つ」というのは結構なリスクです。

ウェブサイト運営者は、このリスクを負うことなく、商品を販売するアシストをして、報酬を受け取ることが出来ます。

これが成果報酬型の広告収入ですね。

 

ちなみに、「ASP」というのは「アフィリエイト・サービス・プロバイダ」の略で、企業と個人の仲介役となって、報酬のやりとりを簡略化してくれる会社です。

もしあなたがアフィリエイトを始めようとして、1件1件 企業を回り、「商品を紹介するので紹介料をください!」といってお願いして回っていたら大変ですし、何より効率が悪すぎます。笑 

 

そこで仲介の会社として存在するのがASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)です。

ASPには、企業からたくさんの「案件」の登録があります。

たとえば日用品やキッチン用品のようなモノから、転職の斡旋など有形のものだけでなく、サービスも含めてです。

 

つまり、「運営者のウェブサイトやブログを通してモノやサービスが売れる」という成果があって初めて報酬がいただけるということですね。

先ほど挙げた4者が「Win×4」になって、初めて成立します。

「稼ぐ」という目的でやるのなら「ASPのアフィリエイト」は必須になってくるでしょう。

 

ちなみに有名どころのASPとして下記が挙げられます。

有名どころのASP

・Amazonアソシエイト

・楽天アフィリエイト

・A8.net

・バリューコマース

きっとアフィリエイトに興味が無い方でも聞いたことがある名前かもしれませんね。

他にもたくさんあります。

もしあなたがアフィリエイトを始めるとしたら、自身の紹介したい商品やサービスを取り扱っているASPと契約をして紹介してみてはいかがでしょうか?

ちなみに アフィリエイトを始めるのは基本無料でスタートすることが出来ます。

(広告主がASPに対して支払っているからです。)

なので、初期費用の発生等に関しては、安心して取り組むことが可能です。

クリック課金型広告

 その名のとおり、広告をクリックすることで、そのクリックに応じて報酬がもらえるという広告のことです。

 何社かありますが、一番有名なものには「Googleアドセンス」があります。

では、簡単に特徴を紹介します。

「Google Adsense」というのは、ブログの記事に合った広告が自動で出現して、読者がクリックすることで収益を得られる「クリック課金型広告」のことです。

つまり「Google アドセンス」は、クリックされるだけで報酬になるという特徴があります。

先ほど紹介した成果報酬型のアフィリエイトとは異なり、その広告の商品をユーザーが買わなくても、クリックされるだけでお金になるのです。

 

こちらの場合は、商品を紹介するアフィリエイトよりも、更にページビューや、ブログのテーマなどの要因が大きく影響しそうですね。

作成するブログのコンテンツが「とにかく面白く、とにかく人の役に立つもの」であれば、きっとページビュー数も比例して増えてくることでしょうから、その内容を意識して取り組めば成果が見込めるのがクリック課金型広告といえるでしょう。

 

きちんとルールは守りましょう

それぞれの広告媒体に対して、禁止事項も設けられております。

先ほど紹介したように、これらの広告での収益というのは、4者に利益があって初めて存在するビジネスです。

上手に相手に紹介されていたり、とにかく面白くてページビュー数があれば何でもあり!というわけではありませんので、注意が必要です。

 

どのASPでも違反行為として挙げられている内容として下記が挙げられます。

主な違反行為

・自分でクリック もしくは 第三者と協力してクリック

・自分で広告に申し込む もしくは 第三者と協力して申し込む

・広告主の禁止事項違反

・法律違反や権利の侵害

・著しい誇大表現、または虚偽表現

・掲示板やメール等でのスパム行為

・公序良俗に反する事項

法律違反や権利の侵害として、「景品表示法違反」「医薬品医療機器等法違反」「著作権侵害」「肖像権侵害」「商標権侵害」などが挙げられます。

運営をする上で大切なことですから、必ず一度勉強しておくことをオススメします。

せっかく良い広告媒体として人の役に立っても、知識が無かった為に法律に触れてしまい揉めたのでは、元も子もありません。

 

まとめ

いかがでしょうか?

今回はブログで収益する為の広告とその種類についてまとめましたが、特に初心者の方は成果報酬型とクリック課金型の違い等を把握されていない方も多いと思います。

これからウェブサイトやブログを運営されて、収益化を目指す方へ少しでも参考になれば幸いです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です